痛みがほとんどないいぼ手術|レーザーを使って素早く摘出

ウーマン

美しくなるために

横になる女性

いくつかの特徴

体のどこかいぼができているという人がおり、ウイルス性のものであったり大きくて目立ってしまうというようなものは手術を行って取り除くということが行われています。また、完治しない場合にもこのような治療が行われているものです。実際にいぼの手術はどのような形で行われているのかというと、局所麻酔によって始められるようになっています。局所麻酔を行った後にメスを使ってこの部分を切り取り、その後で縫っていくという流れです。レーザーを使った方法もあるのですが、この方法とは異なり、傷跡が残ってしまうという特徴があります。また糸を使って縫っているということで、手術から1週間後には抜糸が可能です。抜糸をしたあと1週間の間に2回から3回病院を受診する必要があります。抜糸をすれば化粧をすることができるようになるのですが通院の必要があり、遠いところに住んでいるという場合には医師と相談をするようにしましょう。治療を行って1週間の間は、傷口が開かないようにテープで固定するという方法が行われています。

手術でいぼを取り除くという方法がありますが、大きくなってしまった場合にこの方法が行われるようになっています。しかし手術といってもそれほど大変なものではありません。患部に局所麻酔を行って、メスで根もとから取り除いて縫合をするという形となっています。1回でしっかりと取り除くことができるというメリットがありますが、傷口に細菌が侵入しないように常に清潔を心がけることが大切です。このような方法でいぼを取り除く際のメリットとしては、保険適用となっているので、費用の負担がそれほど大きくありません。また大きないぼもしっかりときれいに取り除くことが可能です。大きなものは放って置いても小さくなることはありません。したがってそのままにしておかず、必ず医療機関を受診するようにしましょう。あまり大きくない場合ははさみを使って取り除くという方法も行われています。周りの皮膚を傷つけることなく取り除くことができるので、治療を行った後に傷跡が残らず綺麗な肌の状態を保つことが可能です。