痛みがほとんどないいぼ手術|レーザーを使って素早く摘出

ウーマン

気になる部分を治そう

注射器

様々なことが原因です

顔や体にいぼやしこりが出来てしまうことがあります。いぼやしこりの原因は様々あり、ガングリオンなどの腫瘍である場合もあれば、悪性のリンパ種、ただの皮膚の腫れ、ほくろが肥大化したもの、といった場合もあります。これらが出来てしまう原因は、遺伝性の病気であったり、生活習慣の乱れであったりなど原因は様々で、予防することが難しいものです。また、いぼやしこりは、出来た場所によっては大きなコンプレックスになってしまう場合があります。特に女性だと、顔や体の目立つところに出来てしまうと、それが大きなコンプレックスと同時にストレスになることがあります。外出を快適に出来なくなってしまったり、人目が気になって心が病んでしまったりなど、日常生活を快適に送れなくなってしまうこともあります。そのような場合におすすめなのが、手術での摘出です。いぼやしこりは、手術をすることによって人工的に摘出させることが出来ます。手術にも様々な方法があり、いぼやしこりの状態、場所によって適切な方法というのは変わってきます。

いぼやしこりの摘出手術において、まず一番大切なことは患部の検査を行うことです。もしも悪性の腫瘍などであった場合、摘出手術の方法も変わってきますし、他の部分も検査を受けなくてはならないこともあります。そのため摘出手術を受けるときは、まずはきちんと医師とカウンセリングをしましょう。いぼやしこりの状態を調べてもらい、手術が出来るのかどうかを判断してもらいます。カウンセリングのもと手術をすることが決まったら、その方法を選定していきます。手術方法は形や大きさ、場所によって異なり、比較的小さく場所も目立たないものである場合は、薬を使った科学的な方法がオススメです。メスを使うことなく、薬のみでいぼやしこりを小さくすることが出来ます。反対に、大きなものの場合はレーザー治療や電気メスを使った方法が多くとられます。どちらの場合も痛みはあまりなく、ころりといぼやしこりを取ることが出来るため、術後は綺麗な仕上がりになります。このように様々な手術の方法があるため、自分に合った方法を選択することが大切です。