痛みがほとんどないいぼ手術|レーザーを使って素早く摘出

痛みがほとんどないいぼ手術|レーザーを使って素早く摘出

レディー
横になる女性

美しくなるために

いぼを取り除く方法はいくつかあり、その中で大きくなってしまったものや完治しないものに関しては手術が行われるようになっています。手術は局所麻酔でそれほど大げさなものではありません。約1週間後に抜糸をするようになっています。

注射器

気になる部分を治そう

顔や体に、いぼやしこりのようなものが出来てしまう場合があります。そのような場合、医療機関で手術をして摘出することが出来ます。いぼやしこりの場所や状態によって適切な方法は変わってくるため、医師とのカウンセリングをしっかり行うことが大切です。

美容整形

カウンセリングを受けよう

いぼの治療は手術も含めて複数あるのできちんとカウンセリングを受けて納得して治療することが大事です。費用や仕上がりが変わってくるのも、いぼの治療の大きな特徴になっているので説明をしっかり受ける事が重要です。

痛みとは無縁の最新治療

フェイス

レーザーを使う2つの魅力

再発するいぼの治療に煩わしい思いをしているなら、レーザーを使った手術を検討してみて下さい。軽いいぼなら、液体窒素で治すクリニックが大半です。保険が適用されますし、予約を入れなくても受診したその日に気軽に治療することができるのが魅力です。ただ、いぼによっては何度かぶり返すケースも少なくありません。また、独特の痛みが苦手・・・と言う患者さんもいらっしゃいます。その点、レーザーを使ったいぼの手術は、液体窒素治療にはないメリットを色々備えています。代表的なメリットだけでも2つ挙げることができますが、1つ目のメリットは感知する確率が高いことです。液体窒素はじわじわ治す方法なので、何度か通院しなくてはなりません。ところが、レーザー手術ならたった1回通院するだけで完治するケースが多く、長くても2回通えばいぼを確実に除去することができます。レーザー手術の2つ目のメリットは、照射中痛み、刺激を感じる心配がないことです。液体窒素の痛みもそう強くはありませんが、無痛ではありませんから気になる患者さんもいらっしゃいます。レーザー手術は局所麻酔を行ってから照射するので、痛みに怯えることはありません。

処置後のへこみを戻すコツ

レーザーを使ったいぼ手術は患者さんにメリットが多いため、どのクリニックでも積極的にレーザー治療を導入するようになっています。一昔前まで「いぼ治療=液体窒素」の選択肢が選ばれる確率が圧倒的に高い状況でした。けれど現在は痛みがなく、1回から2回の通院で完治するレーザー治療の方を好む患者さんが増えています。丸ごといぼをレーザーで摘出すると、処置後の患部が多少へこむことがありますが、このへこみに関しても心配することはありません。永遠に残るものではなく、何ヶ月かすれば他の皮膚と見分けがつかないぐらいに元通りになります。もし少しでも早くへこみを回復させたいなら、秘訣は紫外線対策を徹底することです。クリニックでも皮膚を修復する塗り薬が処方されるので、外用薬をルール通りに塗りながら紫外線対策に励みましょう。日に焼けてしまうとターンオーバーが乱れ、新しい皮膚が再生しにくくなります。紫外線照射量が増える時間帯の外出を避け、家の中でもこまめにUVケアクリームでお手入れするのがコツです。

下着姿の女性

コンプレックス解消へ

いぼができたときには、その日のうちに手術を行ってある程度は取り除くことができるようになっています。皮膚の根本的な改善を行うことで、首にできたいぼを取り除くことができます。皮膚科を受診すると、手術を行う日に取り除くことができ、医師の話を聞きながら治療をすることができます。

ビキニの女性

美容に関する施術

いぼができたときには手術をしなければいけないと考えている人がいますが、ほかにも方法があります。それはレーザーや液体窒素や内服薬です。この中で昔から行われていたのが液体窒素です。痛みが少し強くなっているものの、費用を安く抑えることができます。